公益相続支援センター 新着情報
新着情報

2018/04/26
書面で正確に残しておくことの重要性

『ソンタク・インペイ・カイザン』

流行りの3フレーズとも言わんばかりにいつまでたってもニュースでよく耳にしますが、みなさんこれ、漢字で書くことができます?
忖度・隠蔽、までは何とか書けたとしても、改竄のザン≠ネんか、パソコンがなければとうてい無理です笑 もう、この改竄のザン自体を改竄したいです!

冗談はさておき、

毎日否が応でも耳にしてしまう世間を騒がせるニュースに、「正確に書面で残しておく」ことの重要性を感じておられる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 もちろん、私たちが「正確に書面で残しておく」と言えば、最初に登場するものは、遺言書を指すに他ならないわけですが。

ひと昔前は、

お屋敷の金庫にしまわれた遺言書を盗んだり書き換えたりなんてドラマもあったりしましたが、今の時代そんな話を放映すれば陳腐に笑われてしまいますよね。 とはいえ、実際、政治家、官僚がそんな愚かなことをして醜態をさらしているわけで、目も当てられないのが現実だったりするのですが。
ただ、正確に書面で残されているからこそ、それら愚行が証明されているのもまた事実。

政治の世界はさておき、

相続における「公正証書遺言」は絶対です。隠蔽・改竄される心配は絶対にありません。自分が亡くなってからも自分の意思が行使される正当な権利です。
そして、残される人々のことを考えれば、あなたの責務という言い方もできるかもしれません。なぜなら、あなたの意思が正確に書面で残されていることで、残されたされた人々の無用な騒ぎを、トラブルを防ぐことができるのですから。

ゴールデンウィーク、

いつもより時間のゆとりができる方も多いと思います。実際問題身の回りで起きていることを対岸の火事のように捉えず、「正確に書面で残しておく」ことの重要性考えて見ませんか?

公益相続支援センター お知らせ一覧
お知らせ一覧

2018/04/26書面で正確に残しておくことの重要性
2018/01/22何気ないお話から、みなさまの思いを汲み取ってより良い形に!
2018/01/01謹賀新年
2017/12/18年末年始営業日のご案内
2017/11/16葬儀後の手続きガイド

>> 一覧へ

ご挨拶
ご挨拶

この度は、当社ホームページをご覧頂きありがとうございます。
全身当社は、《絆》を大切にし、

「相談者の方のニーズにあった、
心ある支援をすること。」

を経営理念としております。

「まだ、親が元気なのに、相続の話をするなんて縁起が悪い・・・」
「私の家族は仲がいいので、相続争いなんて関係がない・・・」
「子どもの側から親に相続の話は、なかなか切り出しにくい・・・」

近年、相続財産が相続税の対象にならない額だから・・・という
ことで、何の相続対策もとってないケースでのトラブルが急増して
います。


 
親が亡くなる直前に献身的に世話をしたのに、他の兄弟と平等の相続では納得できない。」他の兄弟は土地や建物を生前に譲りうけているのに、相続が平等なのは納得いかない。」私が入院費用を払ったのに、遺産からこの費用を優先的にもらえないのはおかしいのではないか。」等々、相続を機にせっかく良好だった関係性にヒビが入る原因も、枚挙にいとまないのが現実です

そこで、「一般社団法人 公益相続支援センター京滋」を設立致しました。
この法人は、相続争いの原因を網羅し、分析することで、相続財産の分割が円満に行えるように、「もめない相続」のために、相続の悩みを解決する、支援するものであります 

そして、バック体制として、創業より57年の歴史をもつ税理士法人川嶋総合会計が主となり、過去、多くの体験をしてきた税理士川嶋喜弘を中心に、そのスタッフ、弁護士、司法書士、行政書士、不動産鑑定士等のブレーンと共に支援して参ります。

この案内をご覧頂ければ、あなた様にとって当社がいかに頼りがいのある存在か、実感して頂けると思います。

 

 

理事長 川嶋喜弘

 

 

お金に困らないための〜税金の相続対策
お金に困らないための〜税金の相続対策

   
 平成31(2019)年3月31日までに直系尊属から所定の教育資金の一括贈与を受ける場合、子や孫1人につき、最高1500万円まで贈与税が非課税になります。>> 本文へ

トラブルにならないための〜法律の相続対策
トラブルにならないための〜法律の相続対策

   
 今回は相談事例を通じて、配偶者居住権についてご紹介します>> 本文へ

万一に備えるための〜保険の相続対策
万一に備えるための〜保険の相続対策

   
 被相続人の死亡によって取得した生命保険金で保険料を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。>> 本文へ

家と財産を守るための〜不動産の相続対策
家と財産を守るための〜不動産の相続対策

   
 相続開始前3年以内に貸付を開始した土地であっても、相続開始前3年を超えて事業的規模の貸付が行われている場合には、小規模宅地等の特例が適用されます。>> 本文へ

ちょっと一息〜健康コラム
ちょっと一息〜健康コラム

   
 骨の健康に欠かせないといわれるビタミンD。実は、最近の研究でそのパワーのすごさに注目が集まっています。>> 本文へ

データで見る相続
データで見る相続

   
 遺言の種類のひとつに、公証役場で作成する公正証書遺言があります。この公正証書遺言が毎年どのくらい作られているか、ご存じですか。>> 本文へ

相続税の簡易シミュレーション
相続税の簡易シミュレーション

相続税の試算をすることができます。
以下のボタンからご利用ください。


お問合せ
一般社団法人 
 公益相続支援センター京滋
【運営】税理士法人川嶋総合会計
〒604-8181
京都府京都市中京区姉小路通
間之町西入綿屋町538番地
TEL:0120-885-808
FAX:075-256-8207
メールでのお問合せ